HACCP

衛生管理について

HACCP Hazard Analysis Critical Control Point

HACCP

Hazard Analysis Critical Control Point

衛生管理が義務化されました

HACCPとは、安全で衛生的な食品を製造するための
国際基準を満たした衛生管理手法のひとつで、
導入することで問題のある製品の出荷を未然に防ぐことが可能となります。
近年、食品流通の多様化・国際化が進んでいます。
国では食肉事業者だけでなく、すべての食品事業者に、
平成30年末までにHACCPに沿った衛生管理の制度化を図っており
義務化されることになっています。

こんなお悩みありませんか?

  • 食品衛生管理を実施する担当者がいない
  • 食品衛生管理のやり方がわからない
  • 食品衛生管理を実施する時間がない
  • HACCPに沿った衛生管理を実施しなくても営業はできる
  • HACCPに沿った衛生管理は保健所の職員が教えてくれる

一つでも当てはまる方は、
大切な業務に支障をきたす可能性があります

衛生管理
新サービス

衛生管理のコンサルティングに長年取り組んでいるTBTが
「誰もが」「安価」で衛生管理に取り組めるシステムを開発しました。
地域・数量を限定し、新しい衛生管理に完全対応できるサービスとして、
今回提供させていただくことになりました。

新サービス 「TBT-HACCP」 とは

  • 01

    プロの講習

    実績のあるコンサルタントが衛生管理の
    基礎から応用まで講習します。

  • 02

    認定制度

    受講後は、TBT独自の審査基準による
    認定を取得できます。

  • 03

    業務ソフト支援

    衛生管理に必要な書類をすべて
    1つのソフトで作成できます!

継続率90%!!

  • 01

    現場と専門的な
    コンサルティングの協業

    多くの衛生管理をサポートする企業は「コンサルティングのみ」もしくは「取扱商品に限定した現場サポートのみ」です。

    本サービスがご好評いただいている理由は 、陽光×TBTの協業により実現した、専門的見地からなるコンサルティングと包括的な現場サポートの両方を手軽に導入できるという点です。

  • 02

    豊富な実績

    食品衛生のコンサルティング実績は延べ1500件以上。企業の規模に関わず、適切なアドバイスが可能です。

  • 03

    独自の業務軽減ソフトが人気

    膨大な衛生管理業務をスムーズに進行できるTBT独自開発のソ フトを活用し 、現場の業務負担を軽減します。

よくあるご質問

食品衛生法の改正でHACCPは制度化されました。

2021年6月には、外食なども含めたすべての食品等事業者が新しい衛生管理を行う必要があります。

  • Q. HACCPに取り組むには、高いレベルの施設設備が必要なの?

    A.HACCPは工程管理です。現行の施設・設備を前提とした対応が可能です。

  • Q. 取引先からHACCP取得をお願いされたけど、うちは小規模だからいらない?

    A.食品取扱者が50人未満の会社(事業所単位)でも、各業界団体が作成した「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書」※1に沿った取り組みが必要です。

    ※1 厚生労働省ホームページ「HACCP(ハサップ)に沿った衛生管理の制度化」参照

  • Q. 衛生管理のコンサルはかなり高額だって聞いたんだけど……

    A.食品衛生管理のコンサルティングの費用は、仕組み構築まで通常数十万円〜数百万円です。陽光×TBT提供のHACCPなら、仕組み構築、適合証明、その後の継続・維持サポートまで含めてお手頃価格!